歯周病にも効果的な重曹歯磨き

スポンサーリンク

掃除や洗濯など、日常生活にも広く使用することが出来る重曹ですが、それだけではなく歯磨きとして使用することも出来ます。
その効果は虫歯予防や歯石の除去、口臭予防、歯周病の改善・予防などがあります。
食事を食べると、口腔内の虫歯菌が酸を作り出し、その酸が歯を溶かし、虫歯が進行します。
アルカリ性である重曹は酸を中和し、歯が溶けることを止める効果を期待することが出来ます。
また、成人の多くが知らず知らずのうちにかかって言われている歯周病の予防効果も期待することが出来ると言われています。
歯周病は気が付かない内に症状が進行し、悪化すると歯が抜けてしまう可能性もあるほど怖い病気です。
早めにケアすることにより、症状の悪化を抑えることが出来ますので、歯を残すことが出来る効果も期待する事が出来ます。
虫歯や歯周病は口臭の原因となっていることもあります。
一般的な歯磨きでは抑えることが難しい口臭も重曹を用いることで予防・軽減効果を期待することが出来ます。

スポンサーリンク

重曹を使用した歯磨きには様々な効果を期待することが出来ますが、その一方で研磨作用のある重曹で歯磨きをすることで、歯にダメージを与えてしまう効果も期待することが出来ます。
そこで、歯磨きではなくうがいをする時に重曹を用いるという方法があります。
歯磨きに使用するよりも負担が少なく、歯周病予防や虫歯予防効果も期待することが出来ます。
重曹うがいの方法としては、500ml程度の水に大さじ1杯程度の重曹を混ぜます。
うがいをすると、口の中をさっぱりをさせることが出来ます。
ただし、長期保存には向きませんので、こまめに作って1週間程度で使い切るようにしましょう。
歯磨きを毎日しているという人でも磨き残しは多くあるケースがあります。
磨き残しがあると、歯周病菌が活動しやすい口腔内環境になりますので、まずは正しい方法での歯磨きも心掛けることが大切になります。
正しい方法が分からないという場合には、歯医者にアドバイスを求めるようにしましょう。

スポンサーリンク