重曹で歯磨きをすると黄ばみを解消する効果がある

スポンサーリンク

歯の黄ばみは気になるものです。
これは毎日食べている食べ物に含まれている色素が歯に沈着してしまった状態で、なにかを食べたすぐ後に歯磨きをすることが出来れば黄ばみになることはないと言われています。
原因となるのはコーヒーや緑茶、チョコレート、赤ワイン、カレー、キムチなど多種にわたっていて、特にコーヒーや緑茶などは仕事中に飲む人も多くそのたびに歯磨きをすることは難しいものです。
一度出来てしまった黄ばみはどれだけ歯磨きを頑張ってもとれないことが多く、歯医者でホワイトニングを行わなければ綺麗な白い歯にはなりません。
保険が使えないホワイトニングをする前に試してほしいのが重曹で歯磨きをすることです。
重曹と言えば掃除に使うことで油汚れなどを綺麗に落としてくれる効果があるものです。
また食品にも多く使われていて、パンを作る時に欠かせないベーキングパウダーも重曹ですし、漬物の色落ち防止などにも使われています。
この重曹で歯磨きをすると黄ばみを解消する効果が期待できます。

スポンサーリンク

歯の一番外側にあるエナメル質についた黄ばみをその研磨作用によって削り取る働きをしてくれることが重曹のホワイトニング効果です。
さらに重曹は歯磨きに使って黄ばみをとる効果だけではなく、虫歯の予防効果も期待できます。
これは糖分をエサに虫歯菌が増殖していくことで虫歯になるのですが、アルカリ性の性質を持っている重曹で歯磨きをすると口の中を中和する効果があるので虫歯菌が増殖できなくなるのです。
小さな初期虫歯ならばその効果で治してくれるとも言われています。
他にも口臭予防効果もありますので、口の中にトラブルがある人は一度行ってみる価値はある方法です。
歯の磨き方は簡単で、歯ブラシに少しだけ重曹をつけて歯磨きをするだけです。
注意点としては塩分が多く含まれているので塩分の摂取制限をしている人はたとえ歯磨きだと言っても使用を控えた方が良いという点と、毎日使い続けると逆に歯を痛めてしまう危険性が高いことです。
使用は週に2〜3回だけにとどめておいた方が良いでしょう。

スポンサーリンク