重曹とクエン酸を混ぜた足湯の効果

スポンサーリンク

気になる足の臭いには、重曹とクエン酸の足湯が効果的です。
重曹とクエン酸は掃除にも使用できますが、足湯に使うと臭いをとることが出来るのです。
作り方は簡単で、38度から40度前後のお湯をバケツなどに入れ、重曹とクエン酸をよく混ぜるだけと簡単です。
10分から20分ほど足に浸けるだけで、嫌な臭いを解消することが出来るのです。
なぜなら足の臭いの元である汗や皮脂、古い角質などは酸性ですが、重曹やクエン酸はアルカリ性であるため酸性を中和する効果があるからです。
また汗や皮脂、古い角質などといった臭いの原因を取り去る洗浄効果や、摩擦効果があるため大変効果的なのです。
臭いの原因を根元から取り除くのに足湯は適しているのです。
しつこい臭いなら、しっかりと足湯につけた際に擦って洗い流すとさらに良いでしょう。
足の角質もはがれやすくなったり爪もやわらかくなるので、一緒にケアしてあげれば更に効果的であるためおすすめなのです。

スポンサーリンク

重曹とクエン酸入りの足湯には、嫌な臭いを解消するためだけではありません。
お湯にクエン酸を入れると二酸化炭素が発生するため、炭酸水になるのです。
炭酸水には、たくさんの美容効果があります。
特に女性に多い冷え性を改善し、血流を良くする効果があるのです。
二酸化炭素には血管を拡張する働きがあるため、脚の毛細血管が広がって自然と血流が良くなっていくのです。
また古い角質を取ってくれる効果もあるため、汚れていないきれいな肌の脚になることが出来るのです。
古い角質がとれると、肌の色も明るくなったりなどプラス面しかありません。
重曹とクエン酸は足湯だけでなく、シャンプーなどにも使用することができます。
髪の毛や頭皮の汚れを浮き出して、綺麗な髪になることができます。
また頭皮の血流を良くする効果もあるため、育毛効果も期待することができます。
重曹とクエン酸の組み合わせは、美容や健康に色々な効果があるため、簡単にできる足湯からチャレンジするのがおすすめです。

スポンサーリンク