洗髪は重曹とクエン酸で その方法とは

スポンサーリンク

市販のシャンプーには多くの化学物質が含まれていて、化学物質のアレルギーがある人や口に入れても安全なものを使いたいという人に人気なのが重曹とクエン酸を使って洗髪するという方法です。
重曹を使って洗髪するメリットは、毛穴に詰まった皮脂汚れをすっきりと洗い流してくれることです。
髪があって気づきにくいのですが頭皮は皮脂腺が多く、汚れやすい場所です。
分泌された皮脂が毛穴に詰まれば炎症などを引き起こしてしまう可能性がありますが、重曹はその汚れを綺麗に洗い流してくれます。
炎症が防がれるのでその結果としてかゆみが抑えられ、皮脂が洗い流されることで雑菌の繁殖などによるかゆみも抑えられます。
頭皮トラブルに悩んでいる人には重曹での洗髪は大きな効果をもたらしてくれます。
クエン酸は重曹で洗髪をする方法だと重曹のアルカリ性の性質によって髪がきしんでしまいます。
そのきしみをクエン酸の酸性の性質が中和させ、さらさらとした触り心地にしてくれる効果があります。

スポンサーリンク

洗髪の方法は簡単です。
お湯で髪をしっかりと濡らした後、洗面器1杯のぬるま湯に重曹大匙1杯を入れてよくとかします。
その後頭に少しずつかけて頭皮をしっかりとマッサージします。
洗い終えたらぬるま湯で洗い流し、クエン酸2分の1杯をぬるま湯で溶かして髪と頭皮になじませた後、洗い流して終了です。
最初からすべて変えてしまうのが怖いという場合には、シャンプーに重曹を一つまみ混ぜるところからスタートしてみましょう。
市販のシャンプーのような香りが欲しい時にはクエン酸に精油を加えると良い香りが残ります。
抜け毛対策や美髪効果など、精油にもさまざまな種類がありますので自分の希望にあったものをクエン酸に配合してみましょう。
この方法は基本的には全て口に入れても大丈夫なもので行う洗髪方法なので安心だと言えますが、アルカリ性の力で頭皮の酸性の汚れを落とします。
そのため、アルカリ性が強くなりすぎると頭皮を傷つけてしまう方法になってしまうので、すっきりさっぱりを味わいたいからと濃度の濃いものを使わないようにしましょう。

スポンサーリンク