重曹のつけおき?効果は無い!?アルカリ性のオススメ成分は?

スポンサーリンク

重曹は掃除から食用まで様々な用途があり非常に日常生活で大きく貢献をしてくれるものです。
今回はこの、重曹による、洗濯とつけおきに付いて説明をしていきたいと思います。
重曹洗濯についてなのですが、重曹というのはご存知の方も多いかもしれませんが、アルカリ性の成分を持っています。
そのため、洗浄する能力をもっているのですが、ここで注意をしていただきたいことがあります。
洗濯で使用される、洗剤でもっとも汚れを落とすPHというのは9から10.6程度と言われています。
この範囲の中であれば、洗濯物の汚れというのは非常に落ちがいいと言うことになります。
では「重曹」と言えばどうなのでしょうか?
実は、重曹と言うのは、汚れ落ちの範囲から漏れております。
重曹のPHは8.2になります。そのため、アルカリ性の濃度としては、低く、洗浄力自体は弱いです。
そのため、重曹というのは洗濯にむいているものではないのです。
また人によっては、洗濯洗剤と重曹を混ぜることで、お汚れがよく落ちた!という方がいらしゃいますが、これは間違えです。

スポンサーリンク

PHの高い洗濯洗剤に、PHの低い重曹を混ぜることで全体のPHが落ちてしまいます。
そのため、洗浄力が落ちるので控えるようにしてください。
そこで、洗濯やつけおきに使用できるアルカリ性のものとしてオススメなのが、炭酸ソーダー水、セスキ炭酸ソーダと言われるものです。こちらは、アルカリ性のなかでは、協力な成分のものです。
そのため、油や皮脂と行ったものを落とすに効果を発揮します。
実際には、洗濯よりも掃除にむいているもので、効果も非常に強いです。
洗濯でも使用が出来るのですが、少量にするようにしてください。
またアルカリのPHが強いので手荒れもありますから、手につかないように手袋など着用してください。
つけおきとしての利用方法としては30Lの量に対して「小さじ1杯」にして、数時間から1日つけおきしてください。
ポリエステル、ナイロン、化繊混紡、絹、ウールなど、では、色落ち可能性がありますので、1度、捨ててもいいようなもので試してから使用するようにしてください。

スポンサーリンク