重曹とクエン酸のお風呂の割合は?

スポンサーリンク

体が疲れきっている時や、寒い時にはお風呂というのは、非常に癒しの或者ですよね。
また入るだけで疲れが吹き飛ぶということもあり、特に日本人というのはお風呂や温泉という物は古来から馴染み深くて今もなお、切っても切れない関係と言えるものでしょう。
しかしながら、そう頻繁に温浴施設や、温泉といった場所に通うのも家計を圧迫するということで難しいと思います。
また、ドラッグストアやスーパーでは、入浴剤というものも販売されていますが、こちらも買ってくるとそれなりに金額を費やしてしまうと言うことがありますよね。
今回は、重曹とクエン酸を使って、簡単で費用も掛からない炭酸風呂の作り方について説明をしていきたいと思います。
重曹というのは、飲み物を混ぜると炭酸にすることが出来ます。
この応用が、炭酸風呂になるのですが、さらにクエン酸を入れることでさらに美容といったアンチエイジングにも効果のあるお風呂にすると言うことが出来ます。
ではその簡単な作り方なのですが、

スポンサーリンク

大体「重曹 おおさじ2杯+クエン酸 おおさじ1杯」という2:1の割合でお風呂に入れるようにしてください。
あとは個人のお風呂に合わせてこの割合で量を調節していただければいいかと思います。
このお風呂に入ると、重曹による炭酸の効果で、血行が良くなります。
また炭酸の効果により体があったまると言うことで寒い日にもはもってこいのお風呂です。
あと、クエン酸と言うのは、古い肌を溶かしてくれてなおかつ殺菌するという作用も持っているので、美容の効果が期待出来ます。
このように簡単お手軽な炭酸風呂を入ってみてはいかがですか?
注意として、アレルギーやアトピーと行った方の場合には、しみたりお風呂上がりに痒くなると言うことが考えられます。
そのため、お風呂上がりは必ずシャワーなどで体を洗い流すようにしてください。
また違和感がある時には使用を控えるようにしてください。

スポンサーリンク