重曹を飲む事のメリット、デメリットとは?

スポンサーリンク

重曹は、古来から人間の生活で使用されており様々な使用方法が作り出されてきました。
ではこの重曹ですが、飲料するにあたって、メリットデメリットはあるのでしょうか?
重曹は、弱アルカリ性の性質をもっており、古来では胃酸が出過ぎた時の薬としてもしようされて、胃腸薬として重宝されてきました。そのため、基本的にはこの重曹を飲むことに関しては問題はありません。
しかし、この重曹を、日常的に飲むことに関してはデメリットの部分もございます。
人間の体というのは、特に体内というのは、酸性に保たれています。
これも食べ物の消化をするためということもありますが、細菌や雑菌といったものを除去する効果も持っているので、日常的に摂取すると、酸性であるはずの体がアルカリ性の影響を受けることがあります。
そのため、逆に体に悪影響を起こすことがあります。

スポンサーリンク

逆にメリットの部分では、炭酸水にもなることでダイエットの手助けになると言うことがあります。
これは、炭酸により胃腸が膨れるということなのですが、あくまで栄養バランスをしっかりとっていることが前提になります。
また、お通じをよくするという効果もあるようです。
ですが、もしも日常で重曹を取り入れるのであれば、1日3g程度にするようにしてください。
もしくは、毎日ではなく間を開けて数日置いて摂取するという方が体を考えると好ましいかもしれません。
また成分に塩分が入っていることからも、毎日の摂取は控えたほうがこのましいです。
重曹の使い方であれば、むしろ口のうがいで使うと、殺菌の効果があり、虫歯、口臭を防いでくれると言うことがあるので、うがいで使用したほうが好ましいかと思います。
どのようないいものであれ、使用頻度や量を守らなければ、体にとっては悪影響なので節度ある使用を心がけてください。

スポンサーリンク