重曹洗顔のメリット・デメリットを知りましょう

スポンサーリンク

一般的に掃除などによく使われる重曹ですが、最近は体に重曹を使うという方も増えているようです。
お風呂に入浴剤としていれる、重曹で歯磨きをしてホワイトニング効果など。
その中でも今回は重曹洗顔について考えていきましょう。
重曹洗顔のやり方は簡単で洗顔料を泡立て、そこに小さじ1杯の重曹を加えるという手軽さが魅力です。
洗顔するときはゴシゴシこすらず優しく泡で洗う気持ちで円を描きます。
たったこれだけで古い角質を落としてくれたり、肌の老化を防いでくれることが期待できるのです。
重曹洗顔がお肌に良いのはわかりましたね。
では、デメリットはないのでしょうか。
必ずしもお肌によいとは言えないようです。
今度はデメリットについて考えてみましょう。

スポンサーリンク

まず重曹洗顔を始める前に必ずパッチテストを行いましょう。
重曹をといた水を腕の柔らかいところに塗り赤くなったり痒みがでないかみましょう。
重曹は研磨作用があります。
よって肌が傷ついてしまう恐れがあるのです。
敏感肌の方や乾燥肌の方は特に注意が必要ですね。
重曹は油を分解する作用もありますので毎日の使用は控えましょう。
 毎日行うと必要な油脂まで取られてしまうので乾燥の原因になります。
そしてニキビがある場合も症状を悪化させる恐れがあるので注意が必要です。
メリットもデメリットもある重曹洗顔ですが、容量・方法などを理解して自分の肌と相談をしながら正しく利用するのが良いですね。
価格も高くなくスーパーやドラッグストアでも気軽に買える重曹。
皆さんも一度お試ししてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク