重曹風呂の効果・自分で入浴剤を作るときの分量

スポンサーリンク

一般的に知られている重曹は炭化水素ナトリウムのことで、洗濯や掃除、料理にも使われることがあります。
この重曹には様々な効果があり、お風呂にも使うことができます。
お風呂で使用した場合、肌がツルツルになったり、血行を促進し肩こりや冷え性の改善にも効果が期待されます。
皮脂を洗い流す効果があるので家にいながらすべすべの肌になれます。
 もともと掃除でも使われていたため、重曹をお風呂に入れるとその残り湯でお風呂の掃除もできていまいます。
また、排水溝の臭いやぬめりにも効果があるので市販の洗剤を購入しなくても掃除ができ節約にも役立ちます。
 使用するときの注意点は入れる量と、敏感肌の方の場合です。
量は200?に一掴み40gほどで、入れてからかき混ぜます。
沢山入れすぎると、アルカリ性が強くなり逆に肌が荒れてしまいます。
敏感肌の方や、赤ちゃんの肌に触れることがある人はあまり濃い重曹水は使わないほうがいいようです。
そして、残らないようにしっかり洗い流すことも重要なポイントです。

スポンサーリンク

重曹を入れたお湯にクエン酸を入れると炭酸ガスが発生し、炭酸風呂ができます。
自分の好きなアロマオイルを入れることで、自宅で入浴剤を作ることができます。
残り湯を洗濯に使うこともでき、洗濯用の洗剤と一緒に使えますが、塩素系のものとは使えません。
気分に合わせて自分で作れて、節約も掃除もできるなんて一石二鳥です。
特に嫌がられる排水溝のぬめりや臭いまでもとってくれるので掃除では大活躍できます。
 万能アイテムではありますが、毎日使うよりは週に何回かのほうが効果が実感できてよいのではないでしょうか。
使いすぎると肌荒れなどのトラブルも引き起こしてしまうことがあるようです。
研磨効果があるので肌が敏感な人は洗顔はやめておいた方が無難です。
敏感肌の人は状態を見ながら試してみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク