重曹を使用して洗濯すると、色落ちや繊維を傷めないで済む

スポンサーリンク

洗濯をするとき、色落ちや繊維への影響が気になったりする時があります。
汚れを落としたいがために、強い洗剤を使いたいのですが、こういった理由により躊躇してしまうことがあるかもしれません。
そういう場合は重曹を洗剤と共に使用することで、解決することが出来ます。
そもそも重曹とは、天然の無機物質である炭酸水素ナトリウムのことです。
洗剤は通常アルカリ性のものが使われます。
重曹は弱アルカリ性のため、よって洗剤と共に使用することで効果を高めることが出来るのです。
またカビ弱アルカリ性の環境を嫌うため、カビ繁殖の防止にも役立つと考えられます。
しかし洗濯機によって、重曹を使用することが出来ないものもあるため、注意する必要があります。

スポンサーリンク

それでは効果とは、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。
まず前述の通り弱アルカリ性のため、衣類に着く汗や油などの酸性の汚れを落としやすくしてくれます。
洗濯の際に1カップ入れる事で、臭いも落としてくれます。
また綿やウールなどの繊細な衣類用の洗剤には、すでに重曹が含まれているのです。
よって、日頃から洗剤と共に使用することで衣類を傷めずに長持ちさせることが出来ます。
すすぎのときにも混ぜることで、柔軟剤の代わりにもなり静電気を防いでくれます。
色落ちも防いでくれるので、気にしないで綺麗にすることが出来ます。
そして、洗濯機内のカビ繁殖を防止することもできるのです。
理由は先ほどにも述べたように、弱アルカリ性のためです。
洗剤と一緒に使用することで、洗濯機の裏のカビなどの汚れをついでに除去することができ、とても簡単にお掃除まで出来てしまいます。
このように様々な効果があります。

スポンサーリンク