重曹の効果と消臭スプレーの作り方

スポンサーリンク

重曹とは炭酸水素ナトリウムの白い粉のことです。
料理のふくらまし粉とだけではなく、掃除や脱臭、美容など健康に害を与えずに様々な用途に使用することができます。
その理由として、加熱することで水と二酸化炭素に分解されたり、弱アルカリ性である、粒子の程よい固さ、油を分解するなどの性質を持つからです。
弱アルカリ性であることで、お肌に刺激を与えることなく酸と中和し掃除や脱臭に効果的で、程よい固さであることから研磨剤の役割を果たします。
そして油と混ざると親水性と親油性を持つ石鹸に変化するので、油汚れには強いです。
他にもうがいに重曹を用いることで虫歯や口臭を抑えられたり、銀やシルバーのお手入れにも使用することができます。

スポンサーリンク

重曹の使い方には様々あり、粉末のまま使用する方法もあれば、水に溶かて使用する方法もあります。
水に溶かして使用する場合は消臭スプレーにもなりますし、汚れに直接噴きかけることも可能です。
消臭スプレーの作り方としては、100円ショップなどで手に入る簡易的なスプレーボトルを用意します。
そこに重曹の粉を20グラム、水を100ml入れます。
そして、それを軽く振って粉が溶ければ完成です。
とても簡単な作り方です。
重曹には様々な使い方がありとても便利ですが、注意することもあります。
まず、弱アルカリ性ではありますが、使い続けると手のたんぱく質を分解し肌荒れの原因となってしまいます。
また、食用としては塩分と同様に1日5グラム程度の摂取量に抑える必要があります。

スポンサーリンク