重曹の効果や害そしてメリットデメリットとはどういうものなのか

スポンサーリンク

皆さん重曹と言うものをご存知ですか?
今では、誰もが知っているものだと思います。
別名、ふくらし粉や炭酸水素ナトリウムともよばれているのですが、かなり幅広く生活のなかで役に立つものです。
この重曹ですが、古来では胃薬として使われていたり、またこんにゃくを固めるのにつかわれています。
またふくらし粉として、パンやケーキを作る際にも使われたりと、まさに形を変えて色々と生活の中に溶け込んでいるものです。
また最近では、メディアでも特集が組まれたり、重曹の使い方にかんして注目が集まったりもしております。
また、値段も非常に購入しやすいもので、スーパーやドラッグストアまた、コンビニでも購入できるほど、身近なものとなっています。
メディアでは、重曹は万能なものとして取り上げられていますが、実際には得意な分野とそうでない分野がそんざいします。
そのため、重曹の能力を最大限に利用するために性質を知る必要があります。
重曹は、人体には無害な物質となっており、先に記載をしておりますが、ふくらし粉など食べ物としても利用されたり、胃薬のような医療の分野でも利用されてきました。
また粒子が細かくて、水に溶けにくいとう物質でもあります。

スポンサーリンク

熱を加えることで、炭酸ガスをはっせいして、常温の状態では、安定した状態を保つことができ、長期間の保存にも適しています。
また飲み物と合成することで炭酸ジュースなども作ることが出来ます。
重曹として、得意分野は、油汚れや、タンパク質を分解(完全ではない)する事ができます。
これは、重曹のアルカリ性の性質があるためです。
また、水に溶けにくい特性があるため、クレンザーの代わりとして、磨き粉としても使用できます。また歯磨き粉としても利用することもできます。
ほかにも、臭いを中和するという能力があります。
特に酸性の物質の臭いにつよく、冷蔵庫やゴミ箱、靴箱、排水といった臭いの強い部分では、脱臭の効果が強く発揮します。
また炭酸水の効果として、重曹をお湯に混ぜることで炭酸風呂として血流の流れを良くしたり、病気で、炭酸風呂を医療機関で入っている方には、自宅でも、同じような効能を得ることができます。
またお料理あとの、フライパンなどのこげにも効果があり、炭酸の泡の効果で焦げをはがして、食器洗いに効果があります。
このように、たくさんの利点をもたらしてくれる重曹について深く学んでみて、生活で最大限にいかし快適な生活を送れるようにしてください。

スポンサーリンク